• 睡眠環境指導士が快眠に導くハウツーブログ

From 睡眠環境寝具指導士

 

寝床内環境を整える事が、毎日の快眠につながる重要なポイントという事を、以前紹介(記事を見る※リンク)しています。

 

この記事では、さらに羽毛ふとんを選ぶと良い、もう一つの大きな特徴を紹介させて頂きます。

それが・・・

 

 

 

|羽毛ふとんには「ダニ」がほとんど侵入できない

 

という特徴です。その理由は2つあります。

 

1・羽毛原料は、除塵(じょじん)、洗浄後、100℃前後で乾燥させるため布団の中からダニが発生する事がない

2・側生地が高密度に織られているため、外部からダニが侵入できない。

 

つまり、羽毛ふとんには、寝床内環境を整える効果と、衛生面でもうれしい特徴があるわけです。

 

 

 

|価格の安い羽毛には注意が必要

 

品質の高い羽毛布団をつくるには、羽毛についている不純物(※鳥の糞の粒子や埃)などをしっかり取り除いているはずですが、比較的低価格の羽毛ふとんには汚れが落ち切っていない商品もあるようです。また、織りムラや縫製の粗さなどが原因で、布団の中の羽毛まではないと思いますが、羽毛に付着している不純物が表面に出てくることが十分に考えられます。

 

まれに、羽毛にアレルギーの反応する人もいますが、羽毛にアレルギー反応があると思われる人のほとんどは、このような不純物や布団についている他の原因が考えられます。

 

 

 

|ダニの対策をしないと、身体がうける悪影響

 

  • お子さんの体質悪化

生後4ヶ月位までに一定量のダニのフン、死骸などにさらされると、ダニに敏感な体質になると言われています。

 

  • アレルギー反応

ダニはアレルギーの主要な原因になるといわれていますが、特に小児ぜんそく患者の9割がダニの影響を受けているといいます。他にも、喘息やアトピー性皮膚炎、鼻炎などのアレルギー性疾患の原因ともいわれています。

 

このように、ダニは子供や大人の身体に悪影響を与えます。ですから、そもそも布団の中にいない・侵入できないと言った特性を持つ羽毛ふとんは健康面や体調面においても、効果的というわけです。

 

※ちなみに、木村綿業では羽毛には全てオゾン加工による【殺菌】・【脱臭】処理を施した「安全」「安心」「清潔」な物を使用しています。

 

オゾン加工羽毛ふとん

 

 

 

|羽毛ふとんの手入れは定期的にするのがいい

 

ふとんの中にダニが入りにくいとは言っても、毎日使用する布団ですから、ふとん表面のホコリや汚れは避けられません。その為、羽毛ふとんも定期的に、ホコリや汚れを取っていただく事をお勧めします。

 

● 自宅でおこなう簡単な方法は

 

月に1回から2回、2時間程度の日干しをして下さい。

 

 

● 羽毛ふとんの干し方

 

出来れば日陰で乾燥した、風通しの良い場所で午前10時から午後3時の間に片面1時間半、計3時間ほど日干しをして下さい。日陰がないという場合は、掛カバーや大き目の布などに(黒色の布だとより効果があります)包んで干す様にして下さい。※羽毛の生地に直接日差しを向けると生地が傷んだり、中身のダウンが劣化する恐れがあるため

 

※ ふとんの干す際にふとんを強く叩くのは注意!

羽毛ふとんを強く叩くと生地が傷んで中身のダウンが噴き出しやすくなる恐れがあります。ホコリを取る際は布団専用ノズルで優しく取り除いて下さい。専用ノズルがなくても伝線したストッキングなどを吸い込み口に被せることでも代用できます。

 

 

●クリーニング・リフォーム

 

羽毛ふとんを、自分で洗うのは心配という方には、こちらをおすすめします。

毎日(※季節による)使用するものなので、生地の痛みや汚れが目立ってくると思います。どうしても気になる場合は、クリーニングやリフォームをお勧めします。

 

 

 

|羽毛ふとん 使用年数による手入れ目安

 

使用年数羽毛ふとんの状態おすすめの対応
2~3年羽毛のかさ高(ボリューム)の低下・生地の汚れクリーニング
4~5年羽毛のかさ高(ボリューム)の低下・生地の汚れ痛みリフォーム
(生地の交換と羽毛の補充)
6~7年【購入後に既にリフォームされた方】
羽毛のかさ高(ボリューム)の低下・生地の汚れ
クリーニング
【リフォーム・クリーニングをされた事がない方】
羽毛のかさ高(ボリューム)の低下・生地の汚れ痛み
羽毛の吹き出し、片寄り
リフォーム
(生地の交換と羽毛の補充)
10年羽毛のかさ高(ボリューム)の低下・生地の汚れ痛み
羽毛の吹き出し、片寄り
買い替え

 

如何でしょうか?

羽毛ふとんを正しく選び、正しいお手入れを定期的に行えば「ダニ」などが少ない睡眠環境を整えることができます。